千種区猫洞の歯医者〜平岡歯科医院〜

一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・予防歯科・審美歯科・スポーツ歯学

当院の特徴医院の案内医院の写真診療情報診療予約ギャラリーホーム
矯正歯科

平岡歯科医院

携帯サイトのご案内

フリーダイヤル:0120-648-851

 

診療メニュー 一般歯科 小児歯科 口腔外科
矯正歯科 審美歯科 予防歯科
スポーツ歯学    

矯正治療の目的

矯正治療矯正治療はさし歯などの歯を削るといった治療ではありません。自分の歯を矯正装置の力で、時間はかかりますが、ゆっくりあごの骨の中で動かして並べ直す治療です。

歯列矯正は単に見た目を良くするだけでなく、機能(かみ砕く能率、あごの運動)的な問題の改善や、歯周組織を含めた歯の健康の向上にも大きく関わっています。悪い歯並びやかみ合わせのままだと、歯は ” 噛む ” という作業に対しての能力が低下しその結果、咀嚼力が落ちたり、各々の歯が十分に機能しないために、歯肉や歯そう骨といった歯のまわりの組織にも影響を及ぼします。

また、悪い歯並びは歯ブラシが良く届かないことによって、虫歯や歯肉炎になりやすかったりします。

 

悪い歯並びと治療後の様子

叢生-治療前 叢生-治療後

叢生(そうせい)

あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いため、歯の生える場所が足りなくなり、デコボコの状態になっている状態です。

 
上顎前突-治療前 上顎前突-治療後  

上顎前突 【出っ歯】

上の前歯が強く傾斜している場合・上顎の骨自体が前に出すぎている場合・下顎の骨が後退している場合などがあります。

 
受け口-治療前 受け口-治療後  

受け口

前歯は普通、上の歯が外側に出て、下の歯が内側になっている。その状態が反対になっているのが受け口です。

 
開咬-治療前 開咬-治療後  

開咬

口を閉じても、前歯や側方の歯が上下で噛み合わない状態。前歯で物が噛み切れない場合が多いです。

 

 

 

 

 

 

ページトップに戻る

[一般歯科] [小児歯科] [口腔外科] [矯正歯科] [審美歯科] [予防歯科] [スポーツ歯学]
[当院の特長] [医院の案内] [医院の写真] [診療情報] [診療予約] [ギャラリー] [ホーム]